ストレスが生まれる原因は!?原因に応じたストレス解消法を

ストレスサインに気づいて早めのストレス解消を

ストレスサインは人により症状が異なるので、自分のサインに気づくことが大切です。例えば、頭痛や肩こりに悩まされる、イライラがずっと続く、アルコールの摂取量が増えるなど、行動や習慣の変化に対して敏感になっておきます。するとこれらのサインが出たときにストレスが溜まっていると認識できるため、早めの対策をできるのです。早期発見・対策を超えるストレス解消法はありません。対処が遅れることで症状が重症化し、さらなるストレスに悩まされるようになります。注意したいのはストレス耐性が強い人で、こうした人は相当にストレスが溜まるまでサインがほとんど出ないケースがあります。我慢強い人ほどストレスを放置してしまうことが多いので、些細な違和感も見逃さないようにしてください。

ライフイベントの変化がストレスに直結することも

引越しをした、病気で仕事をやめた、離婚をしたなど、ライフイベントがきっかけでストレスを誘発することは少なくありません。環境の変化によって生まれたストレスは、時間をかけて解消していきましょう。寂しさや悲しさはすぐには癒えませんが、時間の経過に比例して少しずつ癒えていきます。ストレス解消のために思いきり泣くのはまったく問題ありません。むしろ泣くのを我慢するほうがストレスになるので、涙が枯れるまで泣いてみましょう。自分の感情を無理に押さえつけていると、こころに負担をかけてしまいます。感情をうまく解放できる人は、上手にストレス解消ができるのです。泣きたくても泣けないという人は、仲の良い友人に愚痴を聞いてもらうのがいいでしょう。

名古屋市内でうつ病を抱えている方や心に病を持っている方、悩んでいる方は心療内科を名古屋で受診することも視野に入れてみましょう。