ストレスを知ることが大切!?ストレスを感じにくい自分になるために

悩みを書き出すことから始めよう

精神科や心療内科では、悩みを紙に書き出す方法を推奨しているところがあります。どんな事柄に対して自分がストレスを感じるのか把握しなければ、最適なストレス解消法は見えてきません。紙に書き出す行為は自分を客観視するためにも役立つので、すべての悩みを書き出してみましょう。それぞれの悩みには優先順位をつけて、優先順位が高いものから対策をしていきます。ストレス解消法はネットや本で簡単に調べることができます。大切なのはとにかく実践をしてみることで、それにより効果のほどがわかるのです。例えば、自分には運動によるストレス解消法が最適だと思っていても、実際はおしゃべりをするほうが効果的といったケースがあります。どのような場面でストレスが解消していくか、自分でよく覚えておきましょう。

疲れにくい体質に変えればストレスも減る

すぐに疲れるという人は、精神的にもダメージを受けやすいです。例えば残業をして疲れたときは、気持ちもイライラしていることが多いでしょう。逆に疲れにくい人はストレスを感じにくいため、身体を鍛えるという方法がストレス解消法として役立ちます。筋トレをしたらストレスが解消したという話は多いですが、これは身体の新陳代謝がよくなって疲労を感じにくくなることが大きな理由です。筋トレ以外では適度なジョギング、早寝早起き、栄養バランスに富んだ食生活なども疲れにくい身体づくりの基本です。疲れとストレスは同時に発生することが多いので、まずは疲労対策から実践してみましょう。

品川の心療内科で治療を受ける際は、まずカウンセリングを受けて、ドクターの雰囲気を確かめてみても良いかもしれません。会話をした時に「話しやすい」と感じれば、ドクターとの相性が良い可能性が高いです。